翔太は以前ディーラーで働いていました。

当時人気だったフィットが発売され、モビリオも発売されたころです。

 

フィットやモビリオは売れるが、なぜか高級車が売れないのはなんでだったのでしょう?

かけだしだった当時は、まだ営業経験も短くお客様の信頼がなかったのかもしれませんね。

 

中途だったので、若さもそこまでなく勢いもない。

うん、これでは売れないか・・・

 

そういえばフィットを買いに来た変わったお客さんがいた。

契約書を書くときに年収欄がありその年収を見ると1000万超え。

 

別に書かなくてもいいのだかその人は書いてくれた。

転勤が多いらしく奥様が「うちは引っ越し貧乏で・・・」

 

そして、フィットを買ったお客さんが購入した車は最上級グレードではなく一つ下のグレード。

年収1000万以上あってそこまでけちることもないとおもったのだが必要ないのだろう。

 

そこまで年収があったら引っ越し貧乏でもないと思うのだが。

 

下取り車もかなり古い4wd車。

かなり倹約家とみたのは言うまでもない。

 

こういったお客さんもいるのが現状です。

 

また、別の話では確か年収900万位のヒトが車を見に来て、おそらく30分くらいで契約した。

車は動けばいいという感じのヒトで、即効で契約。

 

こういった人はあとでキャンセルになる可能性もあると言われているが何もない。

非常にいいお客さんだった。

 

最後に、営業マンをあまり困らせるとあとのアフターに影響するかもしれませんよ。

営業マンだって人間で感情がありますので、、、、

後はご想像にお任せします。

 

やっぱり、車を買うときもwin-winじゃないとダメってことですね。